himejima

大分県18市町村のおすすめ情報 姫島村

 

国民文化祭をもっと楽しんでいただくために、大分県18市町村のおすすめ情報をカルチャーツーリズム的観点からご紹介します。

今回は、子どもたちによる扮装も愛らしい『きつね踊り』やアサギマダラの飛来地としても知られ、あちこちに七不思議や神話が残る神秘的な島、姫島村をご紹介します。

 

姫島村について

国東市の伊美港よりフェリーで約20分ほど、瀬戸内海西端に浮かぶ姫島村。東西7km、南北3kmほどの小さな島は、瀬戸内海国立公園の一環でもあり、島を巡ればあちこちで風光明媚な景観やジオパークに出会えます。大分県唯一の一島一村の離島を、車で巡るもよし、2人乗りの超小型モビリティを利用するもよし、自転車で気ままに走るのもよし。秋の島歩きをどうぞお楽しみください。

 

アート情報

姫島の魅力を見て食べて!
https://bit.ly/2yohzSw

姫島の魅力を見て食べて!

ジオガイドの案内で巡るジオクルーズやジオウォークと、郷土料理体験試食会を開催します。郷土料理体験試食会では、姫島に古くからある、さつまいもを使った郷土料理『いもきり』『かんころもち』の調理体験と、姫島村の祝言やおめでたい席で食べられる『鯛めん』の試食をおこないます。

調理体験を通じて地元の方々と深く交流すれば、きっと姫島村が第2の故郷のように大切な場所に変わります! 島の暮らしを体験できる貴重な機会。ぜひご家族やご友人と出かけてみませんか?

会期:11月3日(土・祝)、11月4日(日)、11月10日(土)、11月11日(日)
会場:イベントによって異なります。Webサイトやチラシでご確認ください。

 

おでかけ情報

車えび
車えび
http://himejima-himeshima.jp/kurumaebi.html

徹底した生育環境とこだわりの餌で大切に育てた姫島産の車えびは、誰もが認める美味しさ。姫島村には車えびを提供するお店や旅館が多く、エビフライや塩焼き、お刺身はもちろん、生きたままのコリコリの食感を楽しめる踊り食いも人気です。これ以上にない鮮度の高さをぜひご賞味ください。

姫島村のもう1つの名産はひじき。なかでも1年に2日間しか採ることができない特別な『幻の2日ひじき』は姫島土産好適品です。

アサギマダラの飛来
アサギマダラの飛来
https://www.visit-himejima.jp/spots/detail/4822

日本列島を縦断するめずらしい蝶『アサギマダラ』は、春と秋の年に2回、姫島村に休息のため飛来します。いま、まさにこのアサギマダラが飛来中。アサギマダラを見るなら、午前9時から午後15時ごろのよく晴れた暖かい日がおすすめです。フジバカマの蜜を求めて羽を休める美しい蝶の姿を、ぜひご覧ください。

時と自然の希跡ジオパーク 天一根
時と自然の希跡ジオパーク 天一根
https://bit.ly/2yxmH71

おおいた姫島ジオパークの拠点施設『時と自然の希跡ジオパーク 天一根(あまのひとつね)』には、おおいた姫島ジオパークの概要や、岩石・鉱物・化石などが展示されています。姫島でジオサイトを巡る前にここを訪れると、より深い体験が得られます。

姫島七不思議伝説
姫島七不思議伝説
http://www.himeshima.jp/kanko/tourist/seven/

古事記の『国生み』にも登場する姫島には、数々の伝説が残っています。その代表的な7つが『姫島七不思議』として語り継がれています。伝説ゆかりの場所を訪ねて島歩きを楽しむのもおすすめです。

超小型モビリティで快適に島歩き
超小型モビリティで快適に島歩き
http://himeshima.tplan0301.com/index.html

程よい広さの姫島村を巡るなら、2人乗りで小回りがきく超小型モビリティが最適。CO₂排出量ゼロで環境にやさしいエコカーで、海岸沿いをぐんぐん走ってみませんか?

レンタルのお申し込みは、姫島港フェリー乗り場から徒歩1分の『姫島エコツーリズム 受付事務所』まで。